原田工務店の家づくり資料請求

掛川市で安心施工の新築住宅・リフォーム

お気軽にお電話ください!

自慢の品質
~構造~

 

Quality


  • 家を支える大事な基礎

家を支える大事な基礎

SWEET HOMEでは、基礎を一体打ち工法により施工をします。
もちろん、そこには頑丈な基礎への想いもあります。しかし、基礎という家を支える大切なところだからこそ、打ち継ぎがないことにこだわりがあります。

当社がこだわる一体打ち工法のメリットは劣化の対策にあります。基礎の劣化は必ず起きていきます。

最近の住宅の基礎は15cmが標準的な幅となっています。当社もこの標準的な幅で施工します。

それは、強度はもちろん、もうひとつの目的として内部の鉄筋の劣化の保護ということもあります。

年数が経つにつれてコンクリートが中性化してしまい、内部の鉄筋がさびて強度が保てなくなってしまいます。
また、コンクリートの割れ目からも鉄筋のさびは起きてしまいます。
それは、コンクリートの劣化のスピード以上に鉄筋の劣化を起こす可能性があります。
そうなってしまったら、基礎の幅を厚くしている意味が無くなってしまいます。頑丈な基礎を造っても、大切な鉄筋で強度が保てなければ頑丈ではなくなってしまうからです。
基礎の幅を厚くしているからこそ、こだわりたいところなのです。
もちろん、コンクリートの強度も24N/m㎡の高強度の材料を使用し、長く安心して住んでいただけるように強くて丈夫で劣化しにくい対策を行っています。

もうひとつは、オンリーワンの基礎造りです。
当社では、構造計算を全棟行い、耐震等級3(耐震等級の最高)を取得を標準にしていますので、基礎も当然、耐震等級3仕様になっています。
現在の建築基準法では、ある程度の基準を超えていれば基礎はできてしまいます。
それは本当に地震に強い頑丈な基礎と言えるのでしょうか?
家の間取りや立地条件は、すべての皆様にとってオンリーワンだと思います。なのに、基礎の鉄筋の仕様はすべて同じ・・・これが建築基準の基礎なのです。
実際は、間取りによってちゃんとした補強が必要ですし、立地条件によっても必要だと思います。
SWEET HOMEでは、1棟1棟構造計算をして、その家づくりにあった頑丈な基礎を造っていきます。


 

  • 家族を守る構造体

家族を守る構造体

SWEET HOMEでは、耐震等級3取得を標準仕様にしています。

ご家族が安心して住まわれるためには、地震に強い家でなければなりません。
しかし、現在の建築基準法の住宅でも数百年に一度の地震に倒壊しないという基準がありますので、今建築されている住宅はすべて地震に強いと言えてしまいます。
しかし、耐震等級取得と建築基準では基準そのものが違います。
例えば、家を支える大切な基礎は、建築基準法では最低限の鉄筋の太さや間隔を守っていれば建築できてしまうのですが、実際は荷重の掛かり方は間取りによって変わってくるものです。

同じ長さの梁を5本の柱が支えているのと2本の柱で支えているのでは、2本の柱の方が集中して荷重が掛かるはずです。
しかし、建築基準法ではここに補強は入れなくてもいいのです。

これは梁も同じ事です。
荷重が掛かれば、大きい梁が必要になると思うのですが、基準ではそこまでを求めていません。
耐震等級を取得することで、構造計算や検査機関のチェックにより、適材適所で補強するべきところがしっかりと明確になります。
そして、その家にあった構造が出来上がっていくのです。

本当に頑丈な家づくりを考えた時、耐震等級を取得することは大事で、しっかりした根拠の元でその家づくりにあった構造をつくることが大切です。
当社では、それが普通であり当然のことだと考えています。


 

  • 選び抜いた構造材と金物

選び抜いた構造材と金物

SWEET HOMEでは、構造材に県産材を使用しています。そこには地元の木を使う地産地消という想いもあります。

使用している構造材は、はままつFSC森林認証を受けています。このFSC森林認証とは、違法伐採や保護するべき森林の伐採を防ぐための効果的な仕組みのことを言います。
そして、それを通して持続可能な森林経営を支援する制度です。木を扱う私たちにとって、地域の森林がしっかりと育ってくれるという事は地域貢献という点でも大切なことだと考えます。

そして、もうひとつは高い品質を持つ木材ということです。
含水率20%以下ということはもちろんですが、強度基準も高い水準が規格化されているということも大切です。地元の品質の高い木を使い頑丈な家づくりをしていきます。

しかし、いくら品質の高い木材でも、木そのものの特徴は変えることはできません。含水率が20%以下といっても、長い年月の中では木は痩せてしまいます。建った直後はしっかりとボルトにより固定されていたとしても、木自体が痩せてしまうと、そこの隙間により固定部分は緩んでしまう事があります。
そこで大切になるのが、SWEET HOMEが標準仕様で使用しているスプリング入りの座金金物のタイトニックです。
木の痩せにも追随するタイトニックは、木造住宅において、建てた直後と同じ耐震性を保つためには大切な金物なのです。

その強度を保つために、もうひとつ大切な事があります。
それは構造材の大きさです。SWEET HOMEの構造材は4寸(12cm)を標準としています。

大きければ良いという事ではないのですが、木造在来工法では木を組み合わせて骨組みを造っていきます。その組み合わせ部分には木を組み合わせるための加工が必要になり、加工をした部分は構造から考えれば欠損部となってしまいます。
だからこそ、4寸というひとまわり大きい構造材を使います。
そして加工が集中してしまう通し柱には、金物工法を採用する事により、欠損による強度低下を軽減させています。

私たち造り手は、材料のメリットとデメリットをしっかりと考え対応していく事が大切な事だと考えます。


 

長期優良住宅・ゼロエネ住宅

長期優良住宅・ゼロエネ住宅

詳細を見る

断熱・遮熱・気密

断熱・遮熱・気密

詳細を見る

地盤調査

地盤調査

詳細を見る
その他のこだわり

その他のこだわり

詳細を見る
原田の家づくり「資料請求」
打造(だぞう)くん

 〒436-0030 静岡県掛川市杉谷南2丁目17-11 
TEL 0120-452-881 FAX 0537-62-3033

 
 

ページの先頭へ