原田工務店の家づくり資料請求

掛川市で安心施工の新築住宅・リフォーム

お気軽にお電話ください!

自慢の品質
~断熱・遮熱・気密~

 

Quality


  • 熱を伝えない、逃がさないのは魔法瓶
  • 熱を伝えない、逃がさないのは魔法瓶

熱を伝えない、逃がさないのは魔法瓶

SWEET HOMEは、マシュマロ断熱と遮熱シートを組み合わせています。

この仕組みを身近なもので考えると魔法瓶の水筒に良く似ています。なぜ魔法瓶の水筒は、長時間中身の温度を保つことができるのでしょうか?それは真空という断熱層と熱を反射する鏡面加工にあります。住宅も同じ構造であれば、室内の温度を保ちつつ、外の温度は伝えないようにできるのです。

マシュマロ断熱は一般的な繊維系断熱材の約1.5倍の性能(メーカー値)を持っています。この性能により、直接伝わろうとする熱を伝えにくくしていきます。

屋根・外壁面を囲う遮熱シートは、断熱材では防ぎきれない太陽光等による放射熱や室内からの放射熱を跳ね返します。そのことにより、夏の刺すような太陽光線による暑さをシャットアウトし、冬は室内から逃げようとする熱を室内に跳ね返し保温効果を発揮します。
その考えは住宅で一番熱を伝えやすく逃がしやすいサッシ部分にも反映しています。
住宅の熱の出入り(冬は室内の暖かさ・外気の冷たさ、夏は室内の涼しさ・外気の熱気)の60%が窓だと言われています。
SWEET HOMEの標準サッシは、樹脂サッシという北海道基準をクリアするサッシを採用しています。そして、ガラス部分を魔法瓶の真空の性能により近い断熱効果があるアルゴンガスを注入することで、より高い断熱性を実現しています。

またガラスには遮熱のLow-Eを使用することにより、厳しい日差しにも対応できるようにしています。
住宅で一番断熱が弱い部分を強化することは、とても大切なことなのです。

そして一番肝心なのは、隙間が無いことです。魔法瓶水筒も蓋が開いていれば中身の温度を維持する事は出来ません。SWEET HOMEで考えた時にはどうでしょうか?
気密性能は、静岡地域基準の気密性能の約10倍の気密性能を平均で達成しています。断熱・遮熱・気密の3つの組み合わせがキッチリと出来たときに、本当に快適で省エネな住まい方ができます。
まだまだこの温暖な静岡地域では、断熱や気密への意識はあまり高くないと思われます。
それはこの基準でもわかります。温暖な地域だとしても、気密ということも大切にしていかなければいけません。
現在では、エアコンの冷房や暖房器具を使わない生活はなかなか出来ません。
どれだけこういった設備を効率的に使えるか・・・とても大切なことです。

私たちはこの魔法瓶住宅を実現するために、すべてのお家で気密測定を実施しています。
それは、皆様の快適な暮らしを実現するためには高い品質での家づくりがとても大切だと思うからです。


 

  • この地域だからこそワンランク上の断熱性能を

この地域だからこそワンランク上の断熱性能を

住宅のランニングコストで一番身近なもの、それは電気代ではないでしょうか。
SWEET HOMEは、静岡地域の断熱性能のワンランク上の断熱性能を実現しています。
30年前の住宅に比べ、静岡基準の断熱性能の住宅冷暖房費で年間約15万円の差があると言われています。しかし、それをワンランク上の断熱性能にすることにより、年間約19万円の差になるといわれます。これが30年続いたら、その差はものすごい差額になりますね。

そして、もう一つ大切なことがあります。

それは健康です。高断熱住宅には健康を守る効果もあります。例えば、アトピー性皮膚炎や気管支炎喘息などの症状を持った方が高断熱住宅に引越しをした後に、症状の改善率が高くなるというデータがあります。
要因としては、住宅自体が暖かいため、衣服を着る量が減ることが考えられます。衣服から受ける肌へのストレスは想像以上に大きいのです。

また、家の中の温度差をなくすことにより、ヒートショックのリスク軽減もあります。ヒートショックが原因で年間に亡くなる方は、交通事故で亡くなる方の約4倍にもなります。家の中の温度差はそれほど恐ろしいものなのです。
また、結露等によるカビの発生も健康被害のリスクへつながります。

健康で生活できることは、快適な生活で一番大切なことであり、ランニングコストを抑えることもとても大切なことなのです。


 

長期優良住宅・ゼロエネ住宅

長期優良住宅・ゼロエネ住宅

詳細を見る

断熱・遮熱・気密

断熱・遮熱・気密

詳細を見る

地盤調査

地盤調査

詳細を見る
その他のこだわり

その他のこだわり

詳細を見る
原田の家づくり「資料請求」
打造(だぞう)くん

 〒436-0030 静岡県掛川市杉谷南2丁目17-11 
TEL 0120-452-881 FAX 0537-62-3033

 
 

ページの先頭へ